信長の人材登用も

新しいユニークな発想で、自分の研究を進めていこうとする人を、どのように育てるか。

日本社会は、そういう人を見出し育てるという方向ではなく、今一度丁稚奉公からという反動的な動きがある。苦労して苦労していろんな人がいじめ抜いてすべての試練を抜けた人でなければ、才能を認めないという、これまでの日本人の美学を復活させようという方針だ。

続きを読む信長の人材登用も